前へ
次へ

恋愛に疲れた…と感じた時の対処法

恋愛というと交際相手とどこかへ出かけたり、ときめいたりなど楽しいと感じることも多いと思います。しかし全く悩みがないわけではありませんし、不安を感じてしまうなど何だか疲れてしまったと感じるときもあるのではないでしょうか。そんな時は一体どうしたらよいのでしょうか。疲れたと感じる理由はそれぞれですが、束縛をしたり、してしまったりすることや相手の望むようなタイプになろうと無理を重ねていくと恋愛に疲れを感じていくようです。束縛をする・されるということは自分の時間を持てなくなるということですし、相手の望むタイプになろうと無理を重ねていくのは交際期間が長くなったり過ごす時間が増えていくにつれてストレスが溜まる原因にもなります。こういった「自分らしくいられない時間が増える」ことであったり、「必要以上に先回りをしすぎて考えすぎてしまう」ことが恋愛疲れにつながってしまうようです。そんな恋愛疲れをラクにするためには、交際相手と会わない日や時間などを定期的に設け、1人の時間を意識して作るようにしましょう。また、同性の友人たちとも遊びに行くなど交際相手以外と過ごす時間を作ることで相手に対するストレスを解消することもできますし、離れることで自分や相手とのこれまでの過ごし方などを見つめるきっかけにもできます。また、相手の理想のタイプになろうと合わせすぎて疲れてしまったという人であれば、少し手を抜いて自分の好きなファッション・過ごし方をしてみたり、相手の言動で自分が嫌だと思ったことや気になったことなどをその場で伝えてみるなど相手のペースに合わせるだけでなく自分の想いもきちんと伝えていくと相手に合わせるだけにはならないのでおすすめです。また相手がどんな反応をするかばかりが気になってしまっている場合は、考え方を少しおおざっぱにするのが無難です。気を遣うのは重要なことですが、過度な気遣いは自分も疲れてしまいますし、その疲れはやはり相手にも伝わります。気疲れしないためにもちょっとしたことはスルーするなど少しおおざっぱになってみるとラクになれます。それでも、こういった対処法を色々試してみたけれどもう限界という場合や相手に言ってみたけれどまったく変わらないということもあるでしょう。そんな時は思い切って交際相手としばらく距離を置く・別れるという選択肢も取ってよいのではないかと思います。どんなに好きであっても自分の時間を持てなくなったり、自分の想いを言えないのが当たり前になれば、遅かれ早かれ限界が来ます。そんなことにならないためにも恋愛に疲れた…と少しでも感じたのであれば、いろいろな対処法を試してみましょう。また恋愛疲れにならないよう、ある程度自分の時間を作っておくことや相手へ合わせすぎていないかなどを一度立ち止まって考えてみるのも良いかもしれません。

地方住まいの男性でも出会いを見つけられる
出張時などにも気軽に利用できる青山プラチナ倶楽部にぜひご入会ください

セレブな男性との出会いを求めるなら
青山プラチナ俱楽部への入会をご検討くださいませ

パパ活アプリで成功する人、失敗する人
どちらもお届けしているので、始める前に読んでおきましょう

気軽に始めることができる
アプリをダウンロードするだけで、簡単に出会うことができます

他にはないここだけの比較サイト
業界初の比較口コミサイト「交際クラブ比較.com」です

Page Top